肉割れクリームの選び方

 

それであればきちんと消すための効果が配合されたクリームを選らばなければなりません。肉割れクリームといっても予防目的に作られたのと消す目的に作られたのと2種類あります。

 

予防目的のは主に妊娠することで出来る妊娠線を防ぐためのクリームとなります。保湿を行うことで肌の弾力性をあげ、皮膚が切れるのを防ぐ効果が期待できます。

 

消す目的に作られたのであれば、同様に保湿成分の他に肉割れができたしまったことでガタガタになった肌を整える成分や切れてしまった真皮の細胞を促す効果がある成分のペプチドが配合されていたりします。

 

予防目的のために作られたクリームにもペプチドなどが配合されていることはあるのですが、どうせ購入するのであれば、肉割れができた人に作られたのを利用した方がいいに決まっています。そもそもの目的が違うのですから、成分が異なってくる部分があるのですね。

 

多くの人はクリームであれば良いと誤解をしており、すでに肉割れがあるにもかかわらず予防目的のクリームを使っています。そのため、効果があらわれないなど口コミに書いたりする人も多いです。

 

特に安いクリームを探している人に多いのを感じます。薬局やドラッグストアで販売されているのはほとんどが予防目的のためのクリームとなります。ほとんどが保湿成分で構成されていたりとするので、すでにできた肉割れをどうにかしたいって人には効果で満足がいかないと嘆く人も多いです。

 

それは商品が悪いのではなく、何のために作られたクリームなのかをきちんと把握せずに購入をしてしまっているのですね。

 

肉割れの予防クリーム

 

薬局などで市販されていることも多いのが、肉割れの予防目的のクリームです。
主に妊娠中の女性が使われることで知られています。

 

妊娠をすると急激にお腹が大きくなるので、その速度に耐えきれず内側の皮膚は切れて肉割れ線ができてしまいます。
そのため、弾力を高めることが必要であり、一般的なボディクリームよりも、より保湿ができるように考えられて成分が配合されています。

 

女性の多くは妊娠の経験をするので、利用者も多く需要があるので、薬局などの店頭でよく見かけることができます。
但し、大事なのは保湿なのであり、肉割れクリームではなくボディクリームを代用して使う人も多いです。

 

妊娠線は体系などにもよって、できやすかったりなどの特徴があるので、保湿クリームを使うのか肉割れクリームを使うのかを選ぶと良いでしょう。

 

肉割れを消すクリームの選び方

 

すでに出来た人が使うのが肉割れクリームのアフター用です。

 

肉割れを消すクリームと言われることもあります。
但し、直接的に肉割れを消す効果がある訳ではありません。

 

そもそも肉割れを完全に消す方法はレーザーなどでも無理なので、現状ではこれをすれば確実に消えたなんて治療はないのですね。

 

あくまで肉割れを消すクリームと言われたりするアフター用は、肌力を高める為の成分を配合されたクリームとなっています。
肉割れができた状態は肌もガタガタとなっており、切れ目もくっきりと目立つようになっていきます。

 

そのため、肌を整える為の役割をする成分を配合しているクリームとなっています。

 

予防用のクリームに比べるとアフター用は薬局などの店頭では販売していないことが多いです。
そのため、通販などを利用して使っている人が多いです。

 

肉割れは完全には消えない

 

肉割れはクリームでケアをしようとも、美容クリニックのレーザーでも、完全には消えない人が多いです。
また、できた肉割れは治すことはできないと言われています。

 

その理由としては肉割れは内側の皮膚でも、奥にある真皮の細胞まで切れている症状です。
肉割れを消すクリームなどでケアをしても、この真皮までは成分が浸透をする訳ではありません。

 

また、真皮は新しく皮膚の細胞が表皮と違い作られないので、この部分が切れたらどうしようもないのですね。

 

肉割れクリームでケアをしていると、だんだんと目立たなくなってはいきます。
しかし、うっすらと残ってしまい完全には消えないことが多いのですね。