できた肉割れは治すことができない症状である

 

一度できた肉割れは治すことができません。

 

肉割れクリームを使って消えたって人もいれば、美容皮膚科のレーザーや炭酸ガスで治療をする人もいます。
しかし、どれも肉割れは治すことができない点で共通をしています。

 

肉割れができた人はクリームでのケアやレーザーでの治療をする人が大半ですが、それは治す為に行っている訳ではありません。

 

私自身も太ったのが原因で肉割れができてしまい、消すことには成功したと言って良いほど、目立たなってはいます。
しかし、完全に治った訳ではなく、今でも探そうと思えば見つけることはできます。

 

限りなく薄くはなっているものの、肉割れが治った訳ではないのですね。

 

肉割れが治らない理由は内側の皮膚が切れているから

 

肉割れが治すことができない原因は内側の皮膚が切れているからです。

 

肌は皮膚の細胞やコラーゲン繊維やヒアルロン酸など、様々な物質や細胞で形成されています。
しかし、この中でもやっかいなのが、真皮と呼ばれる皮膚の細胞で、新しく作られることがないことです。

 

表皮などの細胞は日々新しく作られているので、切れたり火傷をしても、古いのは角質となり排出がされ、新しく生まれ変わってくれます。
しかし、内側の皮膚である真皮はそんなことはないので、肉割れは治らない症状と言われています。

 

この真皮は弾力が少なく、肉割れはこの付近が切れておきる症状です。
そのため、美容皮膚科でレーザーや炭酸ガスでの注射もあったりしますが、完全に治すことはできません。

 

美容皮膚科でのレーザーやガスの治療するのは治す為ではない

 

肉割れは治すことができないですが、美容皮膚科ではレーザーや炭酸ガスでの治療が行われています。
高額な治療費が必要なので、クリームで自宅ケアをする人が多いですが、治すことはできないのに多くの人がケアをしています。

 

その理由は肉割れを目立たなくする為にあります。

 

肉割れができると肌はガタガタとなり、その切れ目がくっきりと見えてしまう症状です。
しかし、肌は真皮だけで構成をしている訳ではありませんし、ガタガタとなっている肌の部分を整える為にもケアをしています。

 

特に肉割れのアフターケア用のクリームだとコラーゲン繊維の生成をサポートする成分も含まれているのもあります。

 

ようするに美容皮膚科でレーザーや炭酸ガスでの治療はありますが、肉割れを治す為に行っているわけではないのですね。

 

私の肉割れ線は探さないといけないほど目立たなくなっている

 

このサイトでは私に肉割れを消す体験談を紹介していますが、今の私は探さないと見つけられないほど、目立たなくなっています。

 

近距離で見られても気づかれることはなく、お風呂に入って血行が良くなったりすると、赤くなり分かるようになる程度です。
通常の状態でも私自身は肉割れ線のある大体の場所は分かっているので、探せば見つけることはできます。

 

ただ、まず他人に気づかれることはありませんし、近距離で写真を撮ったとしても、分からないぐらいの肉割れ線です。

 

私自身は美容皮膚科でのレーザーやガスは治療費が高く行いませんでしたが、クリームでのケアをしました。
肉割れは治らない症状だからと言ってあきらめなければいけない訳ではないのですね。

 

私の肉割れ体験談については『肉割れを自宅で消す治療の体験記!治らない肉割れは薄くなるのか?』をご覧ください。